ゴープロヒーロー7(GoPro Hero7)用グッズを購入!

ゴープロヒーロー7 用ガジェット

4年前にGoPro Hero4 を購入した時は、ほとんど活用できずにそのまま放置し、宝の持ち腐れ状態でした。

先日購入した GoPro Hero7 Black は必ず使い倒すつもりです。

そのための予備のバッテリーや幾つかの必須ガジェットを購入したので紹介します。

GoPro Hero7 のための予備バッテリー

ゴープロヒーロー7 予備バッテリー

GoPro はバッテリーの消耗が激しいので、できれば常に予備のバッテリーを持ち歩きたいものです。

しかし純正のバッテリーは非常に高価なので、非純正のものを購入しました。

GoPro Hero4用のバッテリーは、残念ながらHero7には使用できません。

ENEGON社製の互換バッテリー2個&充電器のセットです。

純正ではないので、どの程度もつかはナゾですが、無いよりはましですから…。

GoPro Hero7 用のフレームケース(カバー)

GoPro Hero7用フレームケース

ゴープロヒーロー7には最初から本体をカバーするフレームケースがついています。

しかし純正のフレームケースはいまいち使い勝手が悪いので、Deyard社製のフレームケースを購入しました。

純正フレームケースは、装着したままでは横のUSBポートのカバーを開くことができません。

そのため、充電する時にはいちいちケースからHero7本体を抜き出さなければなりません。

GoPro Hero7用フレームケース

しかし Deyard社製のものは、フレームケースをつけたままポートカバーを開くことができます。

価格は1000円以内で安価ですが、質感も良く、純正よりはるかに使いやすいのでオススメです。

ゴープロヒーロー用に、伸縮自在の自撮り棒を購入

ゴープロヒーロー用自撮り棒

伸縮自在の自撮り棒を購入しました。

ゴープロヒーロー用自撮り棒

GoProには愛用のゴリラポッドを装着しているのですが、手に持って自撮りするには少し長さが足りません。

伸縮性のある自撮り棒なら、遠くから大きな視界で撮影することができます。

ゴープロヒーロー用自撮り棒

ネック部分の角度を調整できるので、遠くから自撮りするのには最適です。

これだけの装備で、11/25開催の第39回瀬戸内海タートルフルマラソン全国大会ハーフにも出場します。

自分の走る姿、S61児島高校卒の男達の雄姿、そしてその他の出場ランナーや風光明媚な小豆島の景色を激撮してきたいと思いま!

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士・看護師・介護支援専門員。 身体を鍛えることをこよなく愛する51歳。 熱烈なボディビルダー、サイクリスト、トライアスリートで、地元で毎年開催される【倉敷国際トライアスロン大会】に参戦しております。