ブログ記事一覧

執筆するなら必ず読むべき本の紹介 Vol.02

企画のたまご屋さん

スポンサードリンク




著書第三作目の執筆に取り組んでいます。 必読記事 ファイヤーボール作戦始動!

私は今までに書籍を二冊商業出版しました。

しかし本業は病院に勤務する理学療法士であり、ごく普通のサラリーマンです。

文章を書くことに関しては素人といってもよいでしょう。

こんな私が一冊の本を書き上げるためには、良い参考書が必要です。

本を執筆したり、ブログを書いたりするうえで、私が常に参考にしている本について紹介したいと思います。 必読記事 執筆活動のための必読書 Vol.01

ベストセラー「超」勉強法 との運命的な出会い

私がスペイン国費留学から、地元の岡山に帰ってきたのは27歳の時です。

いつまでも学生でいるわけにはいきませんから、とにかく何か仕事をしなければなりません。

ところが仕事で役立つ資格も技術もありません。

国費留学までして勉強したスペイン語は、結局、地元岡山では何の役にも立たないのです。

「自分は何にもできない…」

この時ほど自分の無力さを痛感したことはありませんね。(二十年以上経った今では、人生で無駄なことなど何もないことが分りますが…)

とにかく選り好みなどできませんから、転職情報誌で仕事をさがして就職しました。

しかし自分に向いた仕事はなかなか見つかりません。

魚市場、塾講師、土建屋、アパレル会社、コンサルティング会社、ボディーガード、葬儀屋、老人保健施設と、3年間で様々な職を転々としました。

私は27歳まで自由気ままに生きてきたので、「これはダメだ…」と思った瞬間に仕事を辞めるのです。

しかし30歳の時に「老人保健施設」で介護職員として働き始めたとき、初めて仕事が面白いと感じれたのです。

介護の仕事を続けるなら資格が必要です。

私は31歳で准看護士の専門学校に入学し、その学校の紹介で、現在も勤務する病院で働きはじめました。

午前中は病院で仕事をし、午後から専門学校で勉強する生活が始まったのです。

既に結婚していたので、仕事、家事&育児、勉強、トレーニングをこなさなければなりません。(私は何があっても身体を鍛えることだけは止めないのですよ…)

こんな時期に偶然読んだ本が、野口悠紀雄氏のベストセラー「超勉強法」です。

社会に出てからも勉強することが大切

超勉強法の序章で、次のように書かれています。

ビジネスマンよ、勉強を続けよう

「私は、勉強が一般のビジネスマンにも必要なことを、とくに強調したい。勉強とか学習というと、学生時代で終わりと考える人が多い。……日本の社会では、実際に必要なことは社会に出てから学ぶことが多い。その意味で、もともと「生涯学習」の社会であった。(P19より引用)

勉強に終わりはない

「何歳になっても勉強はできる。勉強を始めるのに、遅すぎることはない。人間は何歳になっても、学習によって進歩する動物なのである。」(P23より引用)

この文章を読んだとき、どれほど勇気づけられたことでしょう…。

31歳で介護業界に転職したとき、私は何の知識も、経験も、資格もありませんでした。

しかし勉強すれば必ず、この業界で素晴らしい仕事ができると思ったのです。

介護業界がまさに産業として成長し始める直前に、この世界に飛び込めたのもラッキーでした。

次回はいよいよ、私が常に参考書として手元に置いている野口悠紀雄氏の著書、【「超」文章法】と【究極の文章法】という本を紹介したいと思います。

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士・看護師・介護支援専門員。 身体を鍛えることをこよなく愛する51歳。 熱烈なボディビルダー、サイクリスト、トライアスリートで、地元で毎年開催される【倉敷国際トライアスロン大会】に参戦しております。