ランナー必見! 経済的な鼻うがい方法!

鼻うがい 安い 方法 ブログ

スポンサードリンク




最近、マジで空気が汚いですね。

私の住む岡山県南では、花粉の飛散はやや減っているものの、風が強く、ホコリや黄砂がマジで凄い!

鼻うがい 安い 方法 ブログ

カーポートに停めている車のガラスを見ると、ホコリや黄砂で汚れまくっています。

これでは外を歩くだけで、ホコリや黄砂を吸い込んでいるはず…。

しかしこんな状況下でも、ランニングしております。

レスプロ スポーツタマスク ブログ ランニング

できるだけ異物を吸い込まないよう、ランニング時は常にレスプロ社のスポーツタマスクをつけております。(必読記事⇒ 【黄砂がヤバい! ランニングの黄砂対策】)

スポーツタマスクをつけて走ると、黄砂、花粉、PM2.5を吸い込む危険性は減りますね。

しかしマスクを装着する以外にも、鼻のメンテナンスをしています。

それが「鼻うがい」です。

今回は私がここ何年か続けてきた、経済的で効果的な「鼻うがい」を紹介したいと思います。

ハナノアを使っていたが…

私が小さい頃からアレルギー性鼻炎があり、点鼻薬が手放せません。

そんな私が鼻うがいをし始めたのはもう10年以上前です。

最初は「ハナノア」という製品を使っていました。

ハナノアは洗浄液300mlと、鼻洗浄器具がついており値段はドラッグストアでは1000円程度で購入できます。

しかし300ml の洗浄液など、アッと言う間に無くなってしまいます。

日に数回、鼻うがいすると一週間ももたないでしょう。

そもそも鼻うがい用洗浄液といっても生理食塩水で十分です。

生理食塩水(せいりしょくえんすい)は、体液とほぼ等張の塩化ナトリウムの水溶液(食塩水)。日本薬局方・処方箋医薬品では塩化ナトリウムを0.9w/v%含有する食塩水を「生理食塩液」と定義している。(Wikipediaより)

100mlの水に1gの食塩を混ぜても作れるものです。

しかしいちいち1gの食塩を計るのが面倒くさい…。

そこで私は「サーレS」という商品を使っています。

サーレSは1.5gの粉末が小分けにされています。

これを150ml のお湯に溶かせば、アッというまに鼻洗浄液のできあがりです。(計量カップは100均で買えます)

鼻うがい 安い 方法 ブログ

ハナノアに付属している鼻洗浄器具を使って、サーレSを溶かしたお湯で鼻うがいをします。

1袋で150ml の鼻洗浄液が作れるので、ガンガン使うことができます。

サーレSなら34円で300ml の洗浄液を作ることができますから、ハナノアの約1/30です。

これなら遠慮なく何回でも鼻うがいできますね。(し過ぎもよくないので注意しましょう!)

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士・看護師・介護支援専門員。 身体を鍛えることをこよなく愛する51歳。 熱烈なボディビルダー、サイクリスト、トライアスリートで、地元で毎年開催される【倉敷国際トライアスロン大会】に参戦しております。