エルゴノミックキーボード(マイクロソフト純正)を購入

Natural Ergonomic Keyboard 4000 review

Natural Ergonomic Keyboard 4000(B2M-00029)を購入しました。

目的はパソコン入力時の手首・肩・首への負担を軽減するためと、執筆活動を効率化するためです。

ノートPCで、通常のキーボードとマウスを使用

Natural Ergonomic Keyboard 4000 review

現在、著書第三作目の執筆に全力を注いでいます。

私は頻繁に玉野市立図書館に通い、ノートパソコンで執筆しています。(愛用のノートPCは「ヒューレットパッカード・エンヴィー 15 X360」)

15インチPCなので本体が大きく、キーボードも使い易いのですが、やはり独立したキーボードとマウスの入力のしやすさにはかないません。

今までは、普通のデスクトップ用キーボードとマウスをUSB接続して使っていました。

しかし手首、肩、首の負担を軽減するためと、執筆がはかどるように「マイクロソフト社のエルゴノミックキーボード」を購入しました。

マイクロソフト・エルゴノミック・キーボード

マイクロソフト社から発売されているエルゴノミックキーボードはその名の通り、エルゴノミクス(人間工学)を活かしたキーボードです。

人間工学に基づいた設計により、キー入力時の身体への負担が軽減されています。

左右独立の逆ㇵの字型キー配列

Natural Ergonomic Keyboard 4000 review

最大の特徴は、キーが左右独立の逆ㇵの字型に配列されている点です。

普通のキーボードでは、キーボード上に手を置く際、手首を小指側に少し曲げなければなりません。

長時間、キーボード入力するとどうしても手首を痛めてしまいます。

しかしこのエルゴノミクスキーボードでは、手首を不自然に曲げなくて済むので、手首に負担がかかりません。

非常に楽にキーボード入力することができます。

ブラインドタッチが強制的に上達します

左右独立のキー配列により、右手の指で押すキー、左手の指で押すキーが強制的に決められるので、正しい指の使い方を習得できます。

私は今まで「B」のキーを右手の指で押していました。

しかしこのキーボードを使うと、左手の指で「B」キーを押さなければなりません。

正しいブラインドタッチが自然と身につきます。

中央が盛り上がった形状

Natural Ergonomic Keyboard 4000 review

中央が盛り上がった独特な形状をしています。

この形状により自然と脇が締まり、肩の力を抜くことが可能となります。

快適なパームレスト

Natural Ergonomic Keyboard 4000 review

しっとり感のあるパームレストが一体化しています。

掌底(しょうてい)部分をこのパームレストに乗せてキー入力すると、肩の力が抜けて非常に快適です。

変幻自在の高さ調整

マイクロソフト エルゴノミックキーボード

付属のパーツをパームレスト下に取り付けることで、手前側を高くすることができます。

手前側を高くしてパームレストに手を置くと、さらに脇が締まり、自然と肩が下がります。

Natural Ergonomic Keyboard 4000 review

それとは逆に本体裏のツメを立てることで、奥側を高くすることもできます。

キーボード入力時の姿勢は人によってかなり癖があります。

高さをいろいろ変えてみて、自分が最も楽にキーボードが打てるポジションを見つけると良いでしょう…。

かなりデカい

Natural Ergonomic Keyboard 4000 review

サイズはとくかくデカいです。通常のキーボードの1.5倍程の大きさと考えてよいでしょう。

「大きいことは良いことだ」的なアメリカンなキーボードです。

狭い机で使用する場合は、あらかじめサイズを計測しておきましょう!

…といってもこの大きさはやはり快適で、慣れればとても使いやすいです。

打鍵感は微妙…

キーを打つと何となく“パコパコ”した感じがあります。

特に中央下の大きな Enterキーのパコパコ感は半端ないです。

静まり返った図書館では、入力するのに少し気が引けるほどの音がします。

ドライバーのダウンロード

接続するだけでも使えますが、専用ドライバーもあります。

キーボードの各ファンクショナルキーを細かく設定することができます。

ドライバーは公式サイトからダウンロードしましょう。公式HP→「 Natural Ergonomic Keyboard 4000 microsoft Japan

ファンクショナルキーが多すぎる…

Natural Ergonomic Keyboard 4000 review

エルゴノミックキーボードには、ボタン一つで様々な機能が使える、ファンクショナルキーがやたらとたくさんあります。

メール転送や、ファイル保存などいろいろありますが、私はまったく使いません。

Natural Ergonomic Keyboard 4000 review

唯一使うのが、中央にある「ズーム」のスイッチです。

私は、画像編集や原稿執筆中に頻繁に画面をズームするので、個人的にはこの「ズーム」ボタンを非常に重宝しています。

あえて有線モデルを購入

マイクロソフト・エルゴノミックキーボードには、Bluetooth接続できるモデルもあります。

しかし私は敢えて有線モデルを購入しました。

電池交換が不要なのはメリットですが、有線が煩わしと感じる方は、無線モデルを購入しましょう。

とにかく“身体に負担がかからない”

マイクロソフト・エルゴノミックキーボードはとにかくデカく、取り回しは大変です。

しかしさすがマイクロソフト純正だけあって、ウィンドウズPCを快適に操作するための機能が満載されています。

そしてとにかく身体に負担がかかりません。

パソコンのキーボード入力する場合、自然と肩が上り、いわゆる「いかり肩」になって肩コリ、首コリが悪化しがちです。

エルゴノミックキーボードを使うと、自然な姿勢でキーボード入力することが可能となります。

肩コリ、首コリ、手首や指の腱鞘炎の予防改善には最適なキーボードだと思います。

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士・看護師・介護支援専門員。 身体を鍛えることをこよなく愛する51歳。 熱烈なボディビルダー、サイクリスト、トライアスリートで、地元で毎年開催される【倉敷国際トライアスロン大会】に参戦しております。