ブログ記事一覧

リヒトラブ バッグハンガー

リヒトラブ バッグハンガー レビュー

スポンサードリンク




デルタフォース隊員並みの装備をもって、玉野市立図書館で執筆活動している石部伸之です。

荷物が多く、置く場所に困るので、椅子や机にバッグをかけれるバッグハンガーを購入しました。

Lihit Lab リヒトラブ バッグハンガー

今回購入したのは、リヒトラブというメーカーのバッグハンガーです。

この8月に発売されたばかりの新製品です。

旧製品のものより、高価ですが、使い勝手は優れているようです。

5㎏まで吊るせる

リヒトラブ バッグハンガー レビュー

最大保持加重は5㎏ですから、本をたくさん詰めたバッグは無理かもしれません…。

材質もプラスチックなので、あまり重たいモノを吊るすというよりは、チョットした手提げ鞄を吊るすのに適していると思います。

リヒトラブ バッグハンガー レビュー

こんな感じで、ヘッドホンを吊るすのもオシャレかも…。

回転式なので、設置場所を選ばない

リヒトラブ バッグハンガー レビュー
Lihit Lab 商品説明ページより引用

回転式なので、バッグの方向を変えて吊るすことができます。

ヘッド部分はゴムカバーがあり

リヒトラブ バッグハンガー レビュー

机にあたる部分はゴムカバーで覆われているので、テーブルにキズが付く心配はありません。

リヒトラブ バッグハンガー レビュー

ボールチェーンも付属しているので、カラビナなどに取り付けて持ち運ぶこともできます。

リヒトラブ バッグハンガー レビュー

私は直接カラビナをつけて、バッグに引っ掛けています。

リヒトラブ バッグハンガー レビュー

バッグを床にそのまま置くのは気が引けますし、空いた席に荷物を置いて、席を二つ占拠するのもマナーが悪いですね。

ですから、このバッグハンガーは、図書館などの公共施設を利用するときの必需品ですね。

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士・看護師・介護支援専門員。 身体を鍛えることをこよなく愛する51歳。 熱烈なボディビルダー、サイクリスト、トライアスリートで、地元で毎年開催される【倉敷国際トライアスロン大会】に参戦しております。