第6回倉敷国際トライアスロン大会 激写!

第6回倉敷国際トライアスロン大会 バイク

スポンサードリンク




スポーツ大会に参加すると、競技中の自分の雄姿を写真撮影してもらいたいと思うものである。

そこで、プロのカメラマンが出場者を撮影し、大会後に自分の写真を購入できるというビジネスモデルが成立しているわけである。

これは顧客ニーズをうまく捉えた優れたビジネスだと思う。

しかしこのサービスでは、写真1枚1枚の購入に、かなり高額な料金を支払わなければならない…。

もし写真撮影を趣味とする知人がおり、快く撮影を引き受けてくれたなら、高額な料金を払って自分の写真を購入する必要はなくなる。

倉敷国際トライアスロン大会は、私の地元で開催される。

そのためコース近所の知人友人が大勢、応援にかけつけてくれ、写真を撮ってくれるので非常にありがたい限りである。

そして今年は更に素晴らしい出来事が起きた。

プロ並みの機材を保有するセミプロ・フォトグラファーが、なんと2人も大会に駆けつけてくれたのである!!

ここでは、彼、彼女を仮に「スターロード氏」、「シャガール女史」と呼ぶことにしよう。

シャガール女史はスイムスタート前から、私がゴールするまでの長時間、メイン会場やトランジット周辺で私を激写してくれた!

その根気強さはスクープを狙うパパラッチ以上といえよう…

第6回倉敷国際トライアスロン大会 写真 バイク

他のプロカメラマン以上のクオリティーの写真を、バシバシ撮って下さった!

スターロード氏は、バイクコースの鷲羽スカイライン入口で私を撮影した後、即、ランコースの折り返し地点へ移動し、私を激写してくれた!

第6回倉敷国際トライアスロン大会 ラン 写真

その機動力は報道カメラマン以上といえよう…

第6回倉敷国際トライアスロン大会 バイクコース 写真

私をメインに撮影してくれる専属カメラマンが二人もいてくれたのである!!!

いやぁ~本当に有難うございました!

貴重な作品は少しずつ、当ブログで公開していきたいと思います!

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

脳神経外科に勤務する理学療法士・看護師です。 身体を鍛えることが大好きな50歳です。 熱烈なボディビルダー、サイクリスト、トライアスリートで、地元で毎年開催される【倉敷国際トライアスロン大会】に参戦しております。