半年ぶりにロードバイクに乗ったら、お尻が痛い!

奥迫川 大山桜 サイクリング

スポンサードリンク




昨年の9月24日以来、約半年ぶりにロードバイクに乗りました。

奥迫川 大山桜 サイクリング

昨年は9月17日(日)の第7回倉敷国際トライアスロン大会に出場予定でした。

大会直前にショップで愛車の TREK 2.3 を完全オーバーホールし準備万端整えていたのですが…。

残念ながら当日に台風の直撃が予想されたので、大会は中止となりました。➡必読記事「第7回倉敷国際トライアスロン大会は中止!

新車同然になった TREK には1度乗ったきりで、そのまま半年間イナバ物置に保管しておりました。

仕事休みの本日は桜も満開になってきたので、お花見ライディングにでかけることにしたわけです。

奥迫川 大山桜 サイクリング

バーテープも新品に巻き替え、スプロケット&チェーンもピカピカです。

奥迫川 大山桜 サイクリング

今日は深山公園を起点に、玉野市&灘崎町の桜の名所を巡りながら32㎞のライディングです。

しかし約半年ぶりにロードバイクに乗ったので、お尻が痛く、終盤はかなりの苦痛ライディングとなりました。

現在、下半身の筋トレをしていないので、臀部の筋肉がかなり落ちているのがわかります。

以前は100kgのバーベルを担いでスクワットすることもありました。

ホームジム筋トレ

2014年頃は下半身の筋トレもしっかりしていました。

しかしトライアスロンに参加し始めた2014年以来、持久系トレーニングに時間を割かねばならなくなったため、筋トレの時間を相対的に減らすようになりました。

ここ数年は、週2回の筋トレ(Pull系&Push系を1回ずつ)と、週2回の持久系トレーニング(主にランニング)で鍛えています。

ランニングやロードバイクで下半身は鍛えられると思い、上半身の筋トレしかしていません。

しかし確実に下半身が弱くなっているのを実感します。

50歳にもなると週4日以上もトレーニングすると確実にオーバーワークになります。

週4回のトレーニングで全身の筋肉を鍛え、持久力も鍛えなければなりません

そのために緻密なトレーニングプログラムを立案して実践していこうと思います。

…to be continued(続く…)

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士・看護師・介護支援専門員。 身体を鍛えることをこよなく愛する50歳。 熱烈なボディビルダー、サイクリスト、トライアスリートで、地元で毎年開催される【倉敷国際トライアスロン大会】に参戦しております。