著書第三弾! 絶賛、校正作業中!

企画のたまご屋さん 本を出版する 校正作業

著書第三弾の執筆もいよいよ終盤となり、今月は校正作業に絶賛取り組んでおります!

校正とは???

本を出版する 校正作業

広辞苑によりますと、「校正:こうせい」とは次のようなことです。

・文字の誤りをくらべ正すこと

・校正刷を原稿と引き合わせて、文字の誤りや不備を調べなおすこと

出版業界人ではない私は、最初、校正の意味がよくわかりませんでした。

しかし大まかに言えば、書き上げた原稿の誤字脱字や、文章のおかしな箇所をチェックする作業ということです。

つまり原稿が、印刷所へ回される前に行われる修正作業が校正というわけですね。

校正刷(こうせいずり)とは??

企画のたまご屋さん 本を出版する 校正作業

広辞苑によりますと、「校正刷:こうせいずり」とは、校正作業をするために仮に刷った印刷物、ゲラ刷のことです。

今回も、出版社さんから、A3用紙に印刷された校正刷が送られてきました。

送られてきた校正刷をみると、いよいよ本を出版するんだという実感が湧いてきますね。

初校、再校、念校

今回の出版では、3回の構成作業があります。

初校とは文字通り、一回目の校正作業、再校とは、二回目の校正作業、念校とは、念のための校正作業ということになりますね。

ちなみに一応ですが、本日、再校を終え、校正刷用紙を出版社さんへ返送いたしました。

校正作業は図書館でするのが一番

本を出版する 校正作業

自宅では、校正刷のA3用紙を広げて、じっくり腰を据えて校正作業できるスペースがありません。

そこでこの二月はほとんど、図書館に通いつめて、校正作業に熱中しておりました。

今回の校正作業は、ほとんど、倉敷市立児島図書館と玉野図書館で行いました。

図書館では、長机を利用できるので、校正作業には最適です。

特に児島図書館では、長机だけでなく、四角い大きな机を一人で利用できます。

著書第三弾の校正作業

しかも穏やかな木漏れ日が差し込み、知的作業をするには持ってこいの環境です。

過酷だった今回の執筆作業

近々出版する著書第三弾の執筆作業は非常に過酷でした。

…というのも、今回出版する書籍は、読み物というよりは、専門書であり、内容の裏付けをとるための参考文献の読み込みや研究がかなりハードでした。

あまりのハードさに、体調が悪化し、咳喘息とアレルギー鼻炎が爆発してしまったほどです。

昨年は一時期、私のライフワークであるトレーニングができなくなってしまったほどです。

結局、デルタフォース隊員並みの強靭な肉体もかなり衰えてしまいました。

もっとも、それまでのトレーニングライフが激烈過ぎたのかもしれません。

現在は、無理のないペースでトレーニングしており、幸いにも体調もかなり回復しております。

受験生の息子と一緒に過ごせた半年間

本を出版する

幸せだったのは、この半年間、大学受験を控えた息子と一緒に、図書館通いができたことです。

玉野市立図書館は21:00まで開館しています。

息子は学校が終わると玉野市立図書館へ行って受験勉強、私も仕事が終わると息子と合流し、21:00まで執筆するという日々が続きました。

また日曜日はほとんど毎週、一緒に図書館へ通いました。

昼食も一緒にとり、妻が仕事で遅い日は、夕食も一緒です。

企画のたまご屋さん 本を出版する 校正作業

正月には、違った雰囲気の図書館で勉強しようということになり、高梁市図書館まで一緒にいきました。

高梁市図書館 雰囲気

ハッキリ言って、この半年間は、息子と一緒に勉強できたことが最高の幸せですね。

執筆作業は過酷を極めましたが、共に目標に向かって、息子と一緒に勉強できたことは、何もにも代えがたい思い出です。 Priceless!!!(プライスレス!)

今週から念校が開始

本日、出版社さんへ再校用の校正刷を返送しました。

数日以内に、念校用のPDFが出来上がってくると思います。

出版までもう一息といったところですが、まだまだ気が抜けません。

明日、国立大学の二次試験が終わるので、息子の受験勉強はとりあえず終了でしょうか…。

しかし私の戦いはまだまだ続きそうです。

専門書の執筆という一つの過酷な山を越えることができ、体調もかなり回復してきたので、徐々にではありますが、デルタフォース隊員並みのトレーニングで肉体と精神を鍛えていこうと思います。

ちなみに明日はスイミングする予定ですYo!

仕事を楽しむ

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士・看護師・介護支援専門員。 身体を鍛えることをこよなく愛する52歳。 熱烈なボディビルダー、サイクリスト、トライアスリートで、地元で毎年開催される【倉敷国際トライアスロン大会】に参戦しております。